日程表

※日程をクリックすると詳細へ移動します。
日程表ファイル(.PDF)はこちらからダウンロードできます。

 1日目 4月20日(土)

第 1 会場
sola city Hall West

第 2 会場
sola city Hall East

第 3 会場
  Room C  

第 4 会場
  Room B  

第 5 会場
Terrace Room

 

 2日目 4月21日(日)

第 1 会場
sola city Hall West

第 3 会場
  Room C  

第 4 会場
  Room B  


プログラム

4 月 20 日(土曜日)
第 1 会場 (sola city Hall West)

開会式 8:55 ~ 9:00

 

BPA ベストプレゼンテーションアワード 9:00 ~ 10:00

座長:金子 岩和 ((一社) 日本血液浄化技術学会)
   鈴木 聡 (神奈川工科大学)

審査員:本間 崇((公社)日本臨床工学技士会)、山家 敏彦(神奈川工科大学)、峰島 三千男(東京女子医科大学)、阿部 雅紀(日本大学 )、山下 明泰(法政大学)、森上 辰哉(元町 HD クリニック)、秋葉 隆(東京ネクスト内科・透析クリニック)、中元 秀友(埼玉医科大学)、座長含む 10 名

BPA-1 「PEW score 該当項目数の増加が与える生命予後への影響」
 丑屋 由美 ( 桃仁会病院)
BPA-2 「iHDF の血圧安定化には透析停止による血漿再充填の促進が寄与している」
 五十嵐 一生 (本間病院)
BPA-3 「ウェアラブル血液浄化システムを目指した尿毒素吸着スマートフィルターの開発」
 高橋 叶子 (東京理科大学)
BPA-4 「BIA 法における位相角(Phase angle)での透析患者管理法について」
 上野 幸司 (かわしま内科クリニック)
BPA-5 「尿素および尿酸の kinetic model による細胞内外液量の推算と解析」
 村上 佳弥 (北里大学大学)
BPA-6 「超音波下肢血流波形と各種下肢血流評価指標間の比較検討」
 長岡 高広 ( さとに田園クリニック)

PL 大会長講演 10:00 ~ 11:00

座長:土谷 健 (東京女子医科大学)
 
「大会メインテーマ「血液浄化の理論と技術における革新と確信」に託した思い」
 村上 淳 (東京女子医科大学)

SL 特別講演 11:00 ~ 12:00

座長:酒井 清孝(早稲田大学)
 
「スマートポリマーで拓く未来医療」
 荏原 充宏 (国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点)

LS1 ランチョンセミナー 1 共催:ニプロ株式会社
「I-HDF エキスパートに聞く~ I-HDF プログラムの活用法・医師と臨床工学技士の立場から~」12:10 ~ 13:10

司会:江口 圭(東北医科薬科大学病院)

LS1-1:「I-HDF におけるプログラム間歇補充の可能性」
 大澤 貞利(釧路泌尿器科)
LS1-2:「I-HDF の工夫と展開~ I-HDF Is Go ! ~」
 宮崎 高志(ごきそ腎クリニック)

PD1 パネルディスカッション1「各社最新透析装置の機能と安全性」 13:20 ~ 15:20

座長:森石 みさき (中島土谷クリニック)
   長尾 尋智 (メディカルサテライト岩倉)

PD1- 1 「ニプロ最新透析装置 NCV-3 のここがお勧め!(メーカ編)」
 永井 翔 (ニプロ株式会社)
PD1-2 「ニプロ最新透析装置 NCV-3 のここがお勧め!(ユーザー編)」
 中村 和宏 (ごきそ腎クリニック)
PD1-3 「東レ・メディカル最新透析装置 ( 型式:TR-3300M) のここがお勧め!(メーカ編)」
 立花 英幸(東レ・メディカル株式会社)
PD1-4 「東レ最新透析装置 ( 型式:TR-3300 M ) のここがお勧め!(ユーザ編)」
 大谷 浩一 (誠知クリニック)
PD1-5 「JMS 最新透析装置(型式:GC-X01)のここがお勧め!(メーカ編)」
 上戸 章吾 (株式会社ジェイ・エム・エス)
PD1-6 「JMS 最新透析装置 ( 型式:GC-X01) のここがお勧め!(ユーザ編)」
 人見 泰正 (桃仁会病院)
PD1-7 「日機装最新透析装置(型式:DCS-100NX)のここがお勧め!(メーカ編)」」
 福竹 孝道 (日機装株式会社)
PD1-8 「日機装最新透析装置(DCS-100NX)のここがお勧め」
 宮地 正史 (横須賀クリニック)

O7 一般演題 7「バスキュラーアクセス 2」 15:20 ~ 16:10

座長:新宅 究典 (土谷総合病院)
   佐久間 宏冶 (さとうクリニック)

O7-1 「穿刺時局所麻酔剤エムラクリームとペンレステープの比較評価」
 三宅 さくら (玄々堂君津病院)
O7-2 「エコーガイド下穿刺~長軸法、短軸法、短軸・長軸併用法の使い分け~」
 籠田 賢人 (高橋内科クリニック)
O7-3 「パリンドローム プレシジョン長期使用症例における VA 管理について」
 吉田 昌浩 (相模原協同病院)
O7-4 「当施設における HHD の VA 管理の変遷」
 星子 清貴 (土谷総合病院)
O7-5 「血液透析施行中の非カフ型カテーテルの検討」
 板垣 紋子 (東京医科歯科大学医学部附属病院)

PD2 パネルディスカッション2 「各社一推しダイアライザ、ヘモダイアフィルタの特徴と性能」16:20 ~ 18:20

座長:青池 郁夫 (向陽メディカルクリニック)
   宮本 照彦 (中央内科クリニック)

PD2-1 「ニプロ社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(メーカ編)」
~血液透析濾過器 fineflux FIX®-eco タイプの特長~
 山口 悟(ニプロ株式会社)
PD2-2 「ニプロ社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(ユーザ編)」
 前田 純(春日井病院)
PD2-3 「東レ社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(メーカ編)」
~トレライト ®HDF(NVF シリーズ)と PMMA ダイアライザの特徴~
 須賀田 徹(東レ・メディカル株式会社)
PD2-4 「東レ社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(ユーザ編)」
 宮川 浩之(日本赤十字社医療センター)
PD2-5 「日機装社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(メーカ編)」
 富沢 成美(日機装株式会社)
PD2-6 「日機装社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(ユーザ編)」
~ FX180HDF の後希釈 OHDF 症例報告~濾過率コントロールを用いて~
 鈴木 翔太(すずきクリニック)
PD2-7 「旭化成メディカル社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(メーカ編)」
 西澤 一樹(旭化成メディカル)
PD2-8 「旭化成メディカル社製ダイアライザ、ヘモダイアフィルタのここが一推し!(ユーザ編)~ABH -22 PAの特徴~」
 田岡 正宏(名港共立クリニック)

参加者意見交換会 19:15 ~ 21:00

第 2 会場 (sola city Hall East)

DCP 災害対策委員会 「災害時の新たな問題点」 09:00 ~ 10:30

座長:横山 敏幸 (広瀬病院)
   長尾 尋智 (メディカルサテライト岩倉)

DCP-1 「通院における想定外~通院難民の発生~」
 重松 武史 (宮本クリニック)
DCP-2 「台風 24 号による長時間停電を経験して」
 神谷 誠 (志都呂クリニック)
DCP-3 「西日本豪雨災害における断水の経験から考えること」
 宮本 照彦 (中央内科クリニック)
DCP-4 「北海道胆振東部地震における他院透析患者受け入れ経験と今後の課題」
 高根 麻央 (札幌北辰病院)
DCP-5 「埼玉県における災害対策の取組」
 佐藤 保志 (埼玉県 保健医療部医療整備課)
DCP-6 「高知県の災害透析における取り組みについて」
 小原 彩未 (高知県 健康政策部健康対策課)

WS1 ワークショップ1 「腹膜透析業務における臨床工学技士の役割」 10:30 ~ 12:00

座長:深澤 瑞也 (山梨大学)
   金山 由紀 (埼玉大学総合医療センター)

WS1-1 「医師が臨床工学技士に求めること」
 塚田 三佐緒 (東京女子医科大学)
WS1-2 「看護師が臨床工学技士に求めること」
 新田 靖之 (下関医療センター)
WS1-3 「当院における臨床工学技士の関わり~東京女子医科大学の場合~」
 宮尾 亜矢子 (東京女子医科大学)
WS1-4 「当院における腹膜透析業務への臨床工学技士の取り組み」
 髙橋 真理子 (日産厚生会玉川病院)

LS2 ランチョンセミナー 2 共催:小野薬品工業株式会社 12:10 ~ 13:10

司会:河原崎 宏雄 (稲城市立病院)

「透析患者における ADL 低下とその対策」
 松沢 良太 (兵庫医療大学)

SY1 シンポジウム1「HDF 療法における革新と確信」 13:20 ~ 14:50

座長:長沼 俊秀 (大阪市立大学)
   大澤 貞利 (釧路泌尿器科クリニック)

SY1-1 「前希釈 VS 後希釈 生体適合性の比較による確信」
 道脇 宏行 (川島病院)
SY1-2 「TMP による QS コントロールの有用性」
 田岡 正宏 (港共立クリニック)
SY1-3 「血漿濾過率による QS コントロールの有用性」
 藤森 明 (甲南病院)
SY1-4 「I-HDF の適応と非適応」
 甲田 豊 (甲田豊内科クリニック)
SY1–5 「ヘモダイアフィルタ選択の確信」
 櫻井 健治 (橋本クリニック)

SS スイーツセミナー 共催:株式会社日本トリム「水素分子の医療への応用」 15:00 ~ 16:00

司会:土谷 健 (東京女子医科大学)

SS-1「水素分子の医療への応用~医療応用への最新研究と取組~」
 大澤 郁朗 (東京都健康長寿医療センター研究所)
SS-2「水素分子の医療への応用~電解水透析~」
 坂下 惠一郎 (透析医療・技術研究所)
 前田 憲志 (大幸砂田橋クリニック)

SY2 シンポジウム2 「ここまでやるか!透析液の清浄化!!」 16:10 ~ 17:40

座長:久野 勉 (池袋久野クリニック)
   山本 英則 (おおうみクリニック)

SY2-1 「東京女子医科大学的清浄化のここがポイント!」
 石森 勇 (東京女子医科大学)
SY2-2 「越谷大袋クリニック的清浄化のここがポイント!」
 本田 和美 (越谷大袋クリニック)
SY2-3 「聖マリア病院的清浄化のポイント」
 小野 信行 (聖マリア病院)
SY2-4 「みはま病院的透析液清浄化のここがポイント!」
 内野 順司 (みはま病院)
SY2-5 「明理会中央総合病院的清浄化のここがポイント!」
 星野 武俊 (明理会中央総合病院)

参加者意見交換会 19:15 ~ 21:00

第 3 会場(Room C)

ICP 国際委員会企画「日本の血液浄化技術の国際化。ハードルは高いのか?」09:00 ~ 10:30

座長:小久保 謙一 (北里大学 )
   瀧澤 亜由美 (東京女子医科大学)

特別発言:田中 利恵 ((公社) 日本放射線技術学会)
ICP-1 「日本の血液浄化技術の国際化の現状と課題ー医師の立場からー」
 長沼 俊秀 (大阪市立大学大学院)
ICP-2 「日本の血液浄化技術の国際化の現状と課題ー企業の立場からー」
 貞廣 衝 (ニプロ株式会社)
ICP-3 「日本の血液浄化技術の国際化~海外支援活動に参加して感じたこと~」
 杉本 謄寿 (堀江やまびこ診療所)
ICP-4 「日本血液浄化技術学会の国際化への取り組み」
 小久 保 謙一 ((一社) 日本血液浄化技術学会)

O1 一般演題 1「バスキュラーアクセス 1」 10:30 ~ 11:40

座長:木船 和弥 (東葛クリニック病院)
   田口 幸雄 (西クリニック)

O1-1 「バスキュラーアクセス管理における Perfusion Index の有用性」
 人見 友啓 ( すずきクリニック)
O1-2 「VA モニタリングにおける灌流指標(PI)の有用性について」
 岡村 龍也 ( SKメディカルクリニック )
O1-3 「バスキュラーアクセス(VA)の RI に関連する因子についての検討」
 山田 竜平 ( 悠生会片桐記念クリニック )
O1-4 「超音波画像診断装置 FC1-X における血流量自動計測機能の有用性について」
 佐々木 裕介 (埼玉医科大学 総合医療センター)
O1-5 「チーム連携による過剰血流評価と効果」
 久保 哲也 (池田バスキュラーアクセス・透析・内科)
O1-6 「皮膚灌流圧(SPP)による圧迫法を用いたバスキュラーアクセス(VA)の評価」
 川上 崇志 (玄々堂君津病院)
O1-7 「手指血流障害の客観的評価としての新たな検査指標(FP、FBI、FP-VA 比)の試み」
 清水 康 ( 元町 HD クリニック)

LS3 ランチョンセミナー 3 共催:(一社) 日本血液製剤機構 12:10 ~ 13:10

司会:花房 規男 (東京女子医科大学)

「血漿交換法における置換液の最前線」
 大久保 淳 (東京医科歯科大学)

O6 一般演題 6「治療条件」 13:10 ~ 14:10

座長:松金 隆夫 (帝京短期大学)
   南 伸治 (なにわ生野病院)

O6-1 「長時間透析における各種透析液使用による Ca バランスの比較検討」
 長谷川 寛政 (だてクリニック)
O6-2 「透析液 Ca 濃度変更が与える血清 Ca 濃度への影響」
 柴原 万歩 (亀田総合病院)
O6-3 「東レ社製 NVF-H を使用した各治療方法における溶出除去の比較検討」
 中居 草太 (日本赤十字医療センター)
O6-4 「高血流量透析(HBFR-HD)が前・後期高齢者の血清 Pi 値に及ぼす影響の検討~施行 30 ヶ月での検討~」
 大釜 健広 (みはま病院)
O6-5 「週 4 回透析の利用拡大に向けた当院の取り組み」
 向井 有子 ( 腎・循環器もはらクリニック)
O6-6 テーラーメイド透析により透析中の発作性心房細動の発生が軽減された 2 症例
 歌谷 和浩 (三軒医院)

WS2 ワークショップ2「各疾患におけるアフェレシスの位置づけと施行条件」14:10 ~ 15:40

座長:大久 保 淳 (東京医科歯科大学)
   杉原 英司 (東京医科大学八王子医療センター)

WS2-1 「本邦における各種アフェレシス療法の特徴」
 山本 裕子 (東京医科歯科大学)
WS2-2 「神経疾患におけるアフェレシスの位置づけと施行条件 -免疫吸着療法を中心に-」
 王子 聡 (埼玉医科大学総合医療センター)
WS2-3 「その他の自己免疫疾患におけるアフェレシス療法の位置づけと施行条件~皮膚・腎・血液疾患を中心に~」
 岡戸 丈和 (東京医科歯科大学)
WS2-4 「腎移植におけるアフェレシスの位置づけと施行条件」
 徳井 好恵 (東京女子医科大学)
WS2-5 「末梢動脈疾患(PAD)に対する LDL-A」
 種山 かよ子 (湘南鎌倉総)
WS2-6 「潰瘍性大腸炎における血球成分除去療法」
 浜崎 敬文 (東京大学医学部附属病院)

O8 一般演題 8「モニタリング 1」 15:40 ~ 16:30

座長:櫻間 教文 (重井医学研究所付属病院)
   小川 晋平 (高知高須病院)

O08-1 「日機装社製 BVplus の臨床評価」
 若山 功治 (東京女子医科大学)
O08-2 「日機装社製ブラッドボリューム計 BVplus の使用経験」
 小川 晋平 (高知高須病院)
O08-3 「血液透析中の循環血液量変化率への曲線フィッティングによる数理的アプローチ」
 田中 智之 (姫路医療専門学校)
O08-4 「BLM による透析液温度を変化させた時の循環血液量推移変化と血圧との関係」
 諏訪 美奈子 (湘南星和クリニック)
O08-5 「透析治療が与える Pacemaker 測定値への影響」
 鈴木 尚紀 (桃仁会病院)

SY3 シンポジウム3「ここまですすんだ再生医療」 16:30 ~ 17:30

座長:横尾 隆 (東京慈恵会医科大学)
   﨑山 亮一 (大阪工業大学)

SY3-1 「再生医療のための3次元組織を作製する工学的アプローチ」
 福田 淳二 (横浜国立大学 工学研究院)
SY3-2 「癒着防止材の開発と応用展開」
 伊藤 大知 (東京大学)
SY3-3 「腎不全領域への細胞シート工学」
 﨑山 亮一 (大阪工業大)

O9 一般演題 9「モニタリング 2」 17:30 ~ 18:20

座長:高岡 伸次 (聖隷佐倉市民病院)
   時任 義臣 (新古賀クリニック)

O9-1 「高感度型圧電素子を用いた連続心拍出量モニタの最適測定部位の検討」
 西本 千尋 (群馬パース大学)
O9-2 「AYA-P を用いた連続心拍出量モニタの有用性と今後の展望」
 小野 哲治 (群馬パース大学)
O9-3 「透析患者のドライウェイト評価マーカーとしての PaO2 の有用性とBV 計による透析中の pO2 モニタリングの試み」
 野溝 明弘 (中津川共立クリニック)
O9-4 「血液透析患者の新たな体液評価指数 cBVR の臨床的検討」
 西野 省吾 (大幸砂田橋クリニック)
O9-5 「InBody-S20、S10 使用による透析患者の標準化 DW 算出その 2」
 上野 幸司 (かわしま内科クリニック)

O10 一般演題 10「教育・研修 1」 18:20 ~ 19:10

座長:中村 寛((一社)日本血液浄化技術学会)
   堀内 勇人 (国立成育医療研究センター)

O10-1 「穿刺針の角度変化から見た施設間の穿刺パフォーマンスの特徴」
 伊藤 駿 (神奈川工科大学 )
O10-2 「擬似血液循環制御および穿刺トレーニングシステムの開発」
 西手 芳明 (近畿大学 )
O10-3 「臨床工学技士による穿刺業務開始における患者待ち時間改善の評価」
 齋藤 稜太 (東邦大学医療センター大森病院 )
O10-4 「大型病院における透析担当技士の育成プログラム」
 東 昌宏 (飯塚病院 )
O10-5 「カンボジア王国における透析教育支援を経験して」
 加藤 基子 (NPO 法人いつでもどこでも血液浄化インターナショナル )

第 4 会場(Room B)

BS1 若葉マークセミナー1 9:00 ~ 9:30

座長:安藤 康宏 (国際医療福祉大学病院 )

「どうしたらいいの!透析患者の運動療法!」
 松永 篤彦 (北里大学)

BS2 若葉マークセミナー2 9:30 ~ 10:00

座長:篠田 俊雄 (つくば国際大学)

「どうしたらいいの!透析患者の認知症管理!」
 大坪 みはる (関西看護医療大学)

BS3 若葉マークセミナー3 10:00 ~ 10:30

座長:芝本 隆 (群馬パース大学)

「どうしたらいいの!統計解析」
 守田 憲崇 (北里大学)

O2 一般演題 2 透析液清浄化 10:30 ~ 11:40

座長:橋口 誠一 (熊本中央病院)
   荒川 昌洋 (紀陽会田仲北野田病院)

O2-1 「吸光光度計(DR900)を用いた化学的水質汚染管理の試み」
 麻生 さとみ (明理会中央総合病院)
O2-2 「蛍光染色による迅速検出法の評価」
 青木 弘之 (上野透析クリニック)
O2-3 「透析用水、透析液中におけるインライン粒子測定による清浄度の検証」
 岡田 奈美 (虎の門病院分院)
O2-4 「自家蛍光増強技術を応用した超高感度・高真度細菌リアルタイムモニタリング装置の開発」
 楢村 友隆 (東亜大学)
O2-5 「生物発光式エンドトキシン計(ルミニッツ -ET)のディスポシリンジを用いた検体注入方法の評価試験」
 品川 隼一朗 (天神会古賀病院 21 )
O2-6 「多人数透析用 RO 装置 (MRC-RO-DCnano II 600-Radical II KHDPSZ) へ改良による
水質管理システムバリデーション構築」
 松坂 勝則 ( はちのへ99クリニック )
O2-7 「装置更新に伴う、当院での透析用水作製装置の供給水ライン洗浄の検討」
 松本 渉 (南池袋診療所)

LS4 ランチョンセミナー 4 共催:旭化成メディカル株式会社 12:10 ~ 13:10

司会:村上 淳 (東京女子医科大学)

「より安全な血液浄化を提供するために」~現場からの発信と製品開発例~
 塚本 達雄 (北野病院)

BS4 若葉マークセミナー4 13:20 ~ 13:50

座長:五条 敏和 (天野医院)

「どうしたらいいの!これからの臨床研究!」
 宮川 浩之 (日本赤十字社医療センター )

BS5 若葉マークセミナー5 13:50 ~ 14:20

座長:安藤 亮一 (武蔵野赤十字病院)

「どうしたらいいの!透析室の医療安全!」
 原田 俊和 (熊本大学医学部附属病院)

BS6 若葉マークセミナー6 14:20 ~ 14:50

座長:五十嵐 洋行 (天童温泉矢吹クリニック)

「どうしたらいいの!透析液清浄化の適正管理!」
 楢村 友隆 (東亜大学)

BS7 若葉マークセミナー7 14:50 ~ 15:20

座長:鈴木 一裕 (すずきクリニック)

「どうしたらいいの! 透析患者の適正な血圧管理!」
 前田 兼徳 (前田医院)

BS8 若葉マークセミナー8 15:20 ~ 15:50

座長:岩本 ひとみ (天神会法人本部)

「どうしたらいいの!透析患者の適正な栄養管理!」
 石井 有理 (東京女子医科大学)

O11 一般演題 11 「栄養管理」 15:50 ~ 16:50

座長:衣笠 えり子 (昭和大学横浜市北部病院)
   小川 一 (児玉病院)

O11-1 「身体組成分析法の新たな臨床的応用 – 透析患者の栄養管理について」
 加藤 雅寛 (リハビリテーション病院)
O11-2 「高齢化している透析患者の現状と今後の課題」
 吉川 学 (ふれあい町田ホスピタル)
O11-3 「標準化蛋白異化率は入院透析患者に有用な栄養評価として使用可能であるか?」
 輪内 敬三 (JR 広島病院)
O11-4 「透析患者の栄養状態の改善に向けた当院の取り組み」
 池田 真弓 (三軒医院)
O11-5 「当院および当院関連施設の透析患者における血中カルニチン濃度測定」
 松田 卓也 (島津病院 )
O11-6 「血液透析後血清リン濃度は骨密度へ影響を及ぼすか」
 酒井 友哉 (矢吹病院)

O12 一般演題 12 「モニタリング 3」 16:50 ~ 17:50

座長:椛島 成利 (ひびきクリニック)
   関根 広介 (亀田総合病院)

O12-1 「透析モニター HD-03 の性能評価」
 月東 功希 (新生会第一病院)
O12-2 「ニプロ社製透析モニタ HD03 の測定精度評価」
 豊永 純平 (高知高須病院附属安芸診療所)
O12-3 「ニプロ社製透析モニター HD-03 を使用して」
 真田 幸恵 (阿佐谷すずき診療所)
O12-4 「日機装社製ブラッドボリューム計 BVplus の LDQb 測定精度について」
 濱田 あすか (高知高須病院)
O12-5 「DCS100NX に搭載された推定血流量モニタの有用性について」
 原 良輔 (明理会中央総合病院)
O12-6 「血液ポンプの吐出量における実血流計と推定血流量モニタの検討」
 岩﨑 良太 (東邦大学医療センター大橋病院)

O13 一般演題 13 「災害対策 / アフェレシス 1」 17:50 ~ 18:50

座長:塚本 功 (埼玉医科大学国際医療センター)
   竹内 正志 (聖マリア病院)

O13-1 「難治性腹水に長期腹水濾過濃縮再注法(CART)が有用であった一例」
 金子 千里 (公立富岡総合病院)
O13-2 「新しい CART 用装置の開発と臨床工学技士の役割」
 福原 正史 (四国中央病院)
O13-3 「オーバーナイト透析における自己回収の導入」
 萩尾 知子 (堀江やまびこ診療所)
O13-4 「ビジネストランシーバーを用いた災害対策訓練の試み」
 片岡 直人 (葵セントラル病院)
O13-5 「鶴見区透析医療連携の会を立ち上げて ~顔の見える地域連携を作りから災害時に備えて~」
 内山 陽介 (横浜市東部病院)
O13-6 「外来透析患者と透析施設とを繋ぐ災害時連絡ツールの有効性」
 高須 立平 (藤田医科大学病院 )

第 5 会場(Terrace Room)

O3 一般演題 3「HDF1」 09:00 ~ 10:00

座長:恵 以盛 (山東第二医院)
   三輪 真幹 (熱田クリニック)

O3-1 「当院における I-HDF 集計報告」
 小嶺 博樹 (港共立クリニック)
O3-2 「高齢者における I-HDF の評価」
 岡垣 憂磨 (釧路泌尿器科クリニック)
O3-3 「日機装社製 DCS-100NX I-HDF の使用経験」
 西村 将幸 (東海クリニック)
O3-4 「透析液温度を変化させた I-HDF における経時的体液量変化」
 岩尾 昌之 (さかいクリニック)
O3-5 「透析困難症(IDH)に対する I-HDF の臨床報告」
 宮野 伸也 (耳原総合病院)
O3-6 「プログラム補液の有効性について ~ 下肢クランプへの対応 ~」
 橋口 誠一 (熊本中央病院)

O4 一般演題 4「透析支援システム / 洗浄・消毒」 10:00 ~ 11:00

座長:渡辺 信行 (西クリニック)
   川崎 路浩 (神奈川工科大学)

O4-1 「東レ社製人工透析管理システム Miracle DIMCS UX を用いて
日機装社製個人用多用途透析装置 DBB-100NX を使用した経験」
 江口 敬広 (東大和病院)
O4-2 「血液透析装置に関する通信共通プロトコル Ver.4.0 を用いた通信」
 松本 信人 (新柏クリニックおおたかの森)
O4-3 「作業の電子化による業務効率向上の試み」
 肥田 泰幸 (JA山口県厚生連長門総合病院)
O4-4 「透析支援システム;Dr.Hemody 及び電子カルテ;マクロスジャパン社製MAC24 システム導入による業務改善効果と今後の課題」
 田中 大 (天野医院)
O4-5 「プライミング終了後のポリビニルピロリドン (PVP) 漏出の検討」
 佐川 竜馬 (東邦大学医療センター大橋病院)
O4-6 「中空糸膜モジュールの洗浄方法」
 佐藤 眞由美 (偕行会セントラルクリニック)

OE1 英語発表セッション 1 11:00 ~ 12:00

座長:小久保 謙一 (北里大学)
   浦辺 俊一郎 (えいじんクリニック)

OE1-1 「Replacement fluids given during simple plasma exchange were switched from albumin to
the combination of albumin and fresh frozen plasma」
 Sakurasawa Takatoshi
(Medical Hospital of Tokyo Medical and Dental University)
OE1-2 「Experience of apheresis on patients with acute liver failure due to amoxitoxic poisoning.」
 Takizawa Ayumi (Tokyo Women’s Medical University)
OE1-3 「A case of acute carbamazepine poisoning treated successfully with pre-dilution online-
hemodiafiltration」
 SAITO MAKOTO (Public Tomioka General Hospital)
OE1-4 「アミノ酸漏出量と体格との相関の検討」
 浦辺 俊一郎 (えいじんクリニック)
OE1-5 「当院におけるエテルカルセチドの使用経験」
 長岡 高広 (さとに田園クリニック)
OE1-6 「認知症による身体拘束を解除し血液透析が実施できた症例報告」
 德田 勝哉 (原三信病院)

OE2 英語発表セッション 2 13:20 ~ 14:20

座長:張 同輝 (やまびこ会)
   宮坂 武寛 (湘南工科大学)

OE2-1 「Difference of the measured values for brachial artery flow rate between two types of ultrasonic diagnostic devices」
 Abe Takayuki (Tokyo Women’s Medical University)
OE2-2 「遠赤外線療法(フィラピー)により PTA 間隔が延長した一症例」
 宮本 照彦 (中央内科クリニック)
OE2-3 「Importance of a periodic dental check-up ~ DMD(Dental Management for Dialysis patients)」
 松原 弘和 (田中泌尿器科医院)
OE2-4 「透析中に実施する自転車エルゴメータ運動が、⊿ BV に与える影響:運動実施の有無を条件とし
た比較検証」
 矢部 広樹 (聖隷クリストファー大学)
OE2-5 「脱気ポンプの金属腐食が透析液ラインの洗浄・消毒効果に与える影響」
 中村 実 (萬田記念病院)
OE2-6 「透析施設でイノベーションは起こせるか?」
 坂元 恭平 (牧野医院)

O15 一般演題 15「性能評価 / 基礎研究」 14:20 ~ 15:20

座長:坂下 惠一郎 (透析医療・技術研究所)
   川原田 貴士 (池田バスキュラーアクセス・透析・内科)

O15-1 「JMS 社製精密濾過フィルター JP-60K の性能評価」
 桐生 武 (平針記念クリニック)
O15-2 「持続的血液浄化法 (CBP) における異なる血液流量によるクリアランス特性」
 坂下 浩太 (埼玉医科大学国際医療センター)
O15-3 「Baxter 社製新型ヘモダイアフィルターポリフラックスHを用いた HDF 療法の違いによる溶質除去効率の検討」
 堀 祐貴 (日本赤十字社医療センター )
O15-4 「ヘモダイアフィルタ NVF-21P を用いたオンライン HDF と I-HDF の比較検討」
 福井 純 (田仲北野田病院)
O15-5 「ビタミン E コート Polysulfone 膜による血液浄化療法の有効性検討」
 姫野 栄一 (大分大学)
O15-6 「顆粒球単球吸着療法(GMA)でシングルニードル法における異なる静脈圧監視方式が実流量
に与える影響」
 加藤 宝貢 (萬田記念病院)

O16 一般演題 16「透析液濃度管理 / モニタリング 4」 15:20 ~ 16:20

座長:稲葉 光史 (あけぼの病院)
   坂上 貴光 (大牟田市立病院)

O16-1 「栃木県透析施設の透析液作製に関するアンケートの報告」
 阿部 政利 (池永腎内科クリニック)
O16-2 「採取方法と測定までの時間の違いによる透析液組成変化に関する検討」
 竹田 千夏 (中央内科クリニック)
O16-3 「透析液成分濃度測定認証装置の性能評価」
 西久保 祐次 (聖マリアヘルスケアセンター )
O16-4 「維持透析患者におけるレーザ血流計による末梢動脈疾患(PAD)検出の可能性」
 齋藤 慎 (公立富岡総合病院)
O16-5 「下肢拳上時間の違いが皮膚灌流量と ABI におよぼす影響」
 川上 隆太郎 (あけぼの第 2 クリニック)
O16-6 「血液透析患者における Masimo 社製 Pronto を用いた臨床評価」
 福井 滉人 ( 金山クリニック)

O17 一般演題 17「洗浄・消毒」 16:20 ~ 17:10

座長:齋藤 慎 (公立富岡総合病院)
   守澤 隆仁 (あけぼの会 花園病院)

O17-1 「過酢酸洗浄剤キノーサンPA-remoの洗浄方法・洗浄時間の検討」
 中村 慶史 (岩崎内科クリニック)
O17-2 「過酢酸系除菌洗浄剤ステラケア CA の洗浄消毒効果と安全性」
 渡井 大介 (新江東橋クリニック)
O17-3 「RO 装置に起因した透析液供給装置の細菌汚染」
 野々山 直之 (第二相模原クリニック)
O17-4 「RO 装置内活性炭タンク消毒の検討」
 虫賀 督幸 (偕行会セントラルクリニック)
O17-5 「UV-LED による UVC 照射が透析装置内配管の消毒・洗浄に及ぼす影響」
 澁谷 有美 (北里大学)

一般演題 18 急性血液浄化 1 17:10 ~ 18:00

座長:阿部 貴弥 (岩手医科大学)
   神戸 幸司 (小牧市民病院)

O18-1 「VA-ECMO を導入し CHDF および HD を実施し救命できた慢性維持透析患者の一例」
 長見 英治 (千葉労災病院)
O18-2 「膜面積と中空糸内径が PMMA 膜材質の急性血液浄化フィルタのライフタイムに与える影響」
 栗原 佳孝 (北里大学)
O18-3 「腫瘍崩壊症候群(TLS)に対し、持続的腎代替療法(CRRT)の早期導入が有効であった 2 症例」
 野川 悟史 (昭和大学藤が丘病院)
O18-4 「血清 Na168mEq/L を呈した急性腎障害に対し、Na 濃度調整した持続的血液濾過透析を行った 1 例」
 神宮 宏臣 (公立富岡総合病院)
O18-5 「敗血症性ショックに対する AN69ST 膜による持続的血液濾過透析(CHDF)」実施群と非実施群における血小板数の推移についての検討」
 芝田 正道 (東京女子医科大学東医療センター)

一般演題 19 「医療安全 / 穿刺針・回路」 18:00 ~ 18:50

座長:三浦 國男 (玄々堂君津病院)
   大前 享子 (慈朋会 澤田病院)

O19-1 「神奈川県相模原周辺地域における透析用血液回路の共有化についての現状」
 山田 彩 (さがみ野血液浄化技術懇話会)
O19-2 「刃面形状の異なる透析用留置針における穿刺角度と穿刺部位相差の実験的検討」
 葉 秀寿 (埼玉医科大学国際医療センター )
O19-3 「個人用透析装置への透析原液集中配管システムの問題点と対策」
 杉本 信 (清湘会記念病院)
O19-4 「ヒューマンエラーによって発生した補液流入部閉塞に対する多用途透析装置の構造的な問題点」
 一噌 登史紀 (須田医院)
O19-5 「見針絆を転用したバスキュラーアクセスカテーテル抜去後の不意な出血に対する安全対策の検討」
 岩永 和 (亀田総合病院 )

4 月 21 日(日)
第 1 会場 (sola city Hall West)

EL 教育講演 9:00 ~ 10:00

座長:秋澤 忠男 (昭和大学)

「透析医療の近未来と展望」
 川西 秀樹 (土谷総合病院)

JEL 共催教育セミナー 共催:株式会社カネカメディックス
「全自動コンソールにおけるリクセル併用を考える」 10:00 ~ 11:00

司会:野木 雅仙 (清湘会記念病院)
JEL-1「当クリニックにおけるリクセルの自動化」
 柳川 貫一 (戸塚新クリニック)
JEL-2「チームで取り組む透析アミロイド症対策について」
 岡村 龍也 (SK メディカルクリニック)

USP 緊急特別企画「透析液排水に関する緊急提言」 11:00 ~ 12:00

座長:宍戸 寛治 (川崎クリニック)
   江村 宗郎 (茂原クリニック)

USP-1 「透析装置の洗浄排水への東京都下水道局の取組について」
 山田 欣司 (東京都下水道局)
USP-2 「透析施設に対するアンケート結果と3団体の今後の対応」
 内野 順司 ((公社) 日本臨床工学技士会)

LS5 ランチョンセミナー 5 共催:日機装株式会社 12:10 ~ 13:10


司会:阿部 雅紀 (日本大学)
「透析掻痒症治療のコツ」~かゆみの改善に何をすべきか~
 高橋 直子 (大町土谷クリニック)

O21 一般演題 21「教育・研修 2」 13:20 ~ 14:10

座長:木村 絵美 (牧田総合病院)
   小林 こず恵(北里大学)

O21-1 「モンゴル国における過去 3 年間の技術支援活動と今後の展望」
 山本 裕子 (東京医科歯科大学)
O21-2 「カンボジアの透析センターでの透析液清浄化の現状と今後の展望」
 瀧澤 亜由美 (東京女子医科大学)
O21-3 「ミャンマーの透析液清浄化の現状 – 2年間の変化 -」
 佐藤 幸博 (板橋中央総合病院)
O21-4 「ミャンマーの透析患者に対する運動療法の必要性:理学療法士の国際委員による活動報告」
 矢部 広樹 (聖隷クリストファー大学)
O21-5 「相手に変化を求める難しさに直面して – 国際委員会・ミャンマー班からの報告 -」
 張 同輝 (やまびこ会)

SCP 学術委員会企画「透析患者の心不全を防ぐ」 14:10 ~ 15:40

座長:小久 保謙一 (北里大学)
   菅野 義彦 (東京医科大学)

SCP-1 「透析中の心臓の状態を探る」
 常喜 信彦 (東邦大学医療センター大橋病院)
SCP-2 「透析治療中の Cardiac output を測定してわかったこと~インピーダンス心拍出量計を用いた考察~」
 安部 貴之 (東京女子医科大学)
SCP-3 「バスキュラーアクセスの心臓への影響と対策」
 春口 洋昭 (飯田橋春口クリニック)
SCP-4 「血液透析患者における心不全発症を予防するための戦略」
 藤井 秀毅 (神戸大学)

O22 一般演題 22「バスキュラーアクセス 3」 15:40 ~ 16:30

座長:佐藤 純彦 (クレド さとうクリニック)
   森實 篤司 (新生会第一病院)

O22-1 「当院における表在化動脈の現状と管理方法-穿刺者の立場から-」
 伊藤 あづみ (クレド さとうクリニック)
O22-2 「VA 管理における聴診・触診の重要性を再考する」
 鈴木 修 (総星会五井クリニック)
O22-3 「当院におけるモニタリング機器を使用したバスキュラーアクセス管理の取り組み」
 杉本 拓弥 (十全クリニック)
O22-4 「バスキュラーアクセス管理における情報共有の取り組み」
 南 陽介 (鳴海クリニック)
O22-5 「実践的なシャントトラブルスコアリング(STS)作成と運用を目指して」
 宮尾 眞輝 (石神井公園じんクリニック)

社員総会報告会 16:30 ~ 17:00
閉会式 17:00 ~

第 2 会場 (sola city Hall East)

PD3 パネルディスカッション3「血液浄化の専門家が未来に描く夢」 9:00 ~ 10:30

座長:峰島 三千男(東京女子医科大学)
   小川 智也(埼玉医科大学総合医療センター)

PD3-1 「工学者が未来に描く夢1:真の人工腎臓装置を模索しながら」
 山下 明泰 (法政大学)
PD3-2 「工学者が血液浄化の未来に描く夢」
 小久保 謙一 (北里大学)
PD3-3 「尿毒性溶質除去とともに酸化ストレス除去を飛躍的に向上させる血液浄化治療の模索」
 友 雅司 (大分大学医学部)
PD3-4 「夢を描くために必要なこと」
 政金 生人 (本町矢吹クリニック)

SY5 シンポジウム5 「高齢透析患者の適正管理~循環動態の安定、低栄養、認知症、活動障害などに対して、それぞれの職種が考え、実践すべきこと~」 10:30 ~ 12:00

座長:松岡 哲平 (大誠会)
   安藤 勝信 (練馬光が丘病院)

SY5-1 「医師として考え、実践すべきこと」
 伊丹 儀友 (友秀会伊丹腎クリニック)
SY5-2 「看護師として考え、実践すべきこと」 ~高齢者の長年の生活を軸とした透析治療の支援~
 内田 明子 (聖隷横浜病院)
SY5-3 「臨床工学技士として考え、実践すべきこと」
 牧尾 健司 (三軒医院)
SY5-4 「管理栄養士として考え実践すべきこと」
 金澤 良枝 (東京家政学院大学)
SY5-5 「理学療法士として考え、実践すべきこと」
 矢部 広樹 (聖隷クリストファー大学)

LS6 ランチョンセミナー 6 共催:メディキット株式会社
「透析室の感染対策と穿刺法の進歩」 12:10 ~ 13:10

司会:矢野 邦夫 (浜松医療センター)

LS6-1「透析室の特殊性とその感染対策について」
 矢野 邦夫(浜松医療センター)
LS6-2「メディキット社製 安全機構付透析留置針 C- Proの特徴と使用経験」
 荒井 尚(関越腎クリニック)
LS6-3「エコーガイド下穿刺の上達法~押さえるべきポイントを実例で学ぼう~」
 安部 貴之(東京女子医科大学)

MWS 大会メインテーマワークショップ「血液浄化の理論と技術における革新と確信」13:20 ~ 14:50

長座:武本 佳昭 (大阪市立大学)
   山家 敏彦 (神奈川工科大学)

MWS-1 「インプラント透析システムの現状と今後の展望」
 三木 則尚 (慶應義塾大学)
MWS-2 「携帯可能な小型血液浄化システムの現状と今後の展望」
 松田 兼一 (山梨大学)
MWS-3 「尿酸の kinetic modeling で算出した細胞内外液量とこれらに基づくドライウェイトの設定および筋肉量の推定」
 新里 高弘 (大幸医工学研究所)
MWS-4 「サルコペニア・フレイルを防げ!~血液透析中の運動療法と電気刺激の有用性~」
 三浦 美佐 (筑波技術大学)

O23 一般演題 23 「HDF3」 14:50 ~ 15:40

座長:大濵 和也 (埼玉医科大学病院)
   高橋 貢 (葵セントラル病院)

O23-1 「高効率な HB-HDF における持続型 ESA 製剤の除去の可能性」
 長尾 尋智 (メディカルサテライト岩倉)
O23-2 「透析患者の症状に応じた透析条件の検討」
 廣瀬 大輔 (川島病院)
O23-3 「バクスター社製ヘモダイアフィルタ「ポリフラックス H」の症例報告」
 小嶺 博樹 (偕行会名港共立クリニック)
O23-4 「多発性骨髄腫患者の血液浄化療法における FLC 除去能の比較」
 園部 富裕 (昭和大学横浜市北部病院)
O23-5 「Hybrid(Online + Intermittent)HDF が難治性 Restress legs syndrome に奏功した一症例」
 仲村 悠 (桃仁会病院)

O24 一般演題 24 「アフェレシス」 15:40 ~ 16:30

座長:三輪 泰之 (埼玉医科大学)
   塚尾 浩 (北里大学)

O24-1 「血漿交換療法において FFP アレルギーを来したが透析併用にて治療を継続しえた 1 例」
 徳井 好恵 (東京女子医科大学)
O24-2 「顆粒球吸着療法における全自動システムの導入」
 丸山 航平 ( 東京山手メディカルセンター)
O24-3 「ABO 不適合生体腎移植におけるアフェレシス療法の工夫」
 關谷 秋奈 (公立富岡総合病院)
O24-4 「重症筋無力症に対する免疫吸着療法においてエバキュアプラス EC-4A を使用した一例」
 鶴田 友加里 (神戸大学医学部附属病院)
O24-5 「単純血漿交換療法における新鮮凍結血漿とヒト血清アルブミン溶液を併用した置換液の検討」
 井本 隆之 (大阪大学医学部附属病院)

第 3 会場(Room C)

SY-4 シンポジウム4「多職種における VA 管理の重要性と有すべき必須のスキル」09:00 ~ 10:30

座長:佐藤 隆 (名港共立クリニック)
   小野 淳一 (川崎医療福祉大学)

SY4-1 「内科医に求められる VA 管理に必須なスキル」
 木全 直樹
SY4-2 「VA 管理のスキル~ VA 外科医として修得しておくべき知識と技術、そして他職種・多職種との連携」
 廣谷 紗千子 (森下記念病院)
SY4-3 「臨床工学技士に求められる VA 管理の必須スキル」
 若山 功治 (東京女子医科大学)
SY4-4 「看護師に求められる VA 管理の必須のスキル」
 奥田 美知子 (みはま成田クリニック)
SY4-5 「臨床検査技師に求められる VA 管理のスキル ~超音波診断装置の活用~」
 小林 大樹 (関西労災病院)

WS3 ワークショップ3「適正透析の実践~患者一人一人に適した透析を!~」10:30 ~ 12:00

座長:水口 潤 (川島病院)
   柴田 昌典 (光寿会リハビリテーション病院)

WS3-1 「高濃度炭酸ガスミストを用いた四肢のケア」
 山本 優 (メディカルサテライト知多 )
WS3-2 「シャントマッサージを患者自身が行うことの有用性」
 安藤 博子 (あずま腎クリニック )
WS3-3 「小分子溶質除去のコントロールによる適正透析の実践」
 下門 清志 (しもかどクリニック)
WS3-4 「Ca マスバランスによる適正透析の実践」
 伊達 敏行 (だてクリニック)

LS7 ランチョンセミナー 7 共催:扶桑薬品工業株式会社 12:10 ~ 13:10

司会:山下 明泰 (法政大学)

「広がるヘモダイアフィルタの選択肢」
 大澤 貞利(釧路泌尿器科クリニック)

O25 一般演題 25「保守管理」 13:20 ~ 14:10

座長:大水 剛 (あけぼのクリニック)
   中野 達也 (片桐記念クリニック)

O25-1 「透析液供給装置の原液濃度異常トラブルを経験して」
 門崎 弘樹 (ながけクリニック)
O25-2 「日機装社 A 剤溶解装置(DRY-50A) トラブルに対する検討」
 加藤 秀美 (吉川内科医院)
O25-3 「無酢酸透析液使用ホッパー式 A 剤溶解装置の温度、湿度管理について」
 岡部 知徳 (さいたま赤十字病院)
O25-4 「透析装置内の液漏れ検知システムの開発」
 早坂 秀幸 (自治医科大学附属さいたま医療センター)
O25-5 「プライミングロート用洗浄剤の検討」
 多田 信晴 (生協北診療所)

SY6 シンポジウム6 「透析患者の病態別適正管理法」 14:10 ~ 15:40

座長:竜崎 崇和 (済生会中央病院)
   山下 芳久 (埼玉医科大学)

SY6-1 「循環動態・血圧安定化のための治療戦略」
 花房 規男 (東京女子医科大学)
SY6-2 「低栄養予防のための治療戦略」
 加藤 明彦 (浜松医科大学医学部附属病院)
SY6-3 「感染制御のための治療戦略」
 菊地 勘 (下落合クリニック)
SY6-4 「掻痒をはじめとする不定愁訴に対する治療戦略」
 高橋 直子 (土谷クリニック)

O26 一般演題 26 「その他」 15:40 ~ 16:30

座長:諏訪 智幸 ( 望星平塚クリニック)
   西勝 光紀 (しらかわ透析・内科クリニック)

O26-1 「認知症透析患者に対する「フレディの遺言」に基づいたスタッフの関わり」
 佐野 可奈 (野伏間クリニック)
O26-2 「当院において運動療法が 3 年間継続可能であった患者の運動耐容能の経過」
 藤本 華子 (古賀病院 21)
O26-3 「腹膜透析患者と併用(血液・腹膜)透析患者における身体機能・身体活動量の比較」
 渡辺 久美 (東北大学)
O26-4 「i-PTH の測定データは検査会社により異なる可能性がある」
 重松 武史 (宮本クリニック)
O26-5 「当院初の在宅血液透析 (HHD) 導入を経験して~四肢麻痺透析患者に対する介助者主体の導入例~」
 栗林 裕芽子 (湘南鎌倉総合病院)

第 4 会場(Room B)

O20 一般演題 20「HDF2」 09:00 ~ 10:10

座長:菅沼 信也 (腎内科クリニック世田谷)
   岡本 裕美 (東邦大学医療センター大橋病院)

O20-1 「前希釈 HDF の置換液量増加は生体適合性を低下させる可能性がある」
 五十嵐 一生 (本間病院)
O20-2 「PD + OHDF 併用療法のクリアスペースによる週間透析量の検討」
 戸塚 浩平 (鶴瀬腎クリニック)
O20-3 「前置換 on-line HDF における溶質除去特性と総濾過量 / 体表面積との相関」
 浦辺 俊一郎 (えいじんクリニック)
O20-4 「Gibbs-Donnan 効果によってナトリウムは生体へ負荷されるか」
 武内 崇 (桃仁会病院)
O20-5 「長時間前希釈オンライン HDF における Ca 除去量および除去特性に関する検討」
 東小野 智 (だてクリニック)
O20-6 「On-line HDF における浸透圧動態」
 南條 友典 ( さとに田園クリニック)
O20-7 「ヘモダイアフィルタ前後での、イオン化 Mg およびイオン化 Ca の変動」
 田中 悠作 (川島病院)

MSP 医療安全委員会企画 「透析室の “ 守ろう医療安全 ”」 10:30 ~ 12:00

座長:原田 俊和 (熊本大学医学部附属病院)
   宮川 浩之 (日本赤十字社医療センター)

MSP-1 「血液透析領域でのピットホールに職種は関係するのか」
 新井 篤史 (出雲医療看護専門学校)
MSP-2 「透析監視装置の自動化導入による安全性の確保とリスク」
 秋山 茂雄 (住吉川病院)
MSP-3 「全自動透析システム導入によりインシデントは減ったか?」
 中井 歩 (東京山手メディカルセンター)
MSP-4 「On-line HDF で起こりえるインシデントと対策」
 小野 信行 (聖マリア病院)
MSP-5 「血漿交換療法でのインシデントと安全対策」
 金山 由紀 (埼玉医科大学総合医療センター)

LS8 ランチョンセミナー 8 共催:中外製薬株式会社「透析領域における災害対策」 12:10 ~ 13:10

司会:村上 淳(東京女子医科大学)

「今のうちに考えておこう!透析医療における都市型災害対策」
~透析施設連絡網から透析患者合併症管理まで~
 菊地 勘(下落合クリニック)

BS9 若葉マークセミナー9 13:20 ~ 13:50


座長:山川 智之 (白鷺病院)
「どうしたらいいの!透析室の災害対策!~災害から患者を守るためには・・・~」
 森上 辰哉 (元町 HD クリニック)

BS10 若葉マークセミナー10 13:50 ~ 14:20

座長:小俣 利幸 (相模原協同病院)

「どうしたらいいの!バスキュラーアクセスの適正管理!」
 松田 政二 (( 中島土谷クリニック)

BS11 若葉マークセミナー11 14:20 ~ 14:50

座長:川合 徹(中央内科クリニック)

「どうしたらいいの!透析患者のフレイル・サルコペニア」
 水内 恵子 (池田バスキュラーアクセス・透析・内科)

BS12 若葉マークセミナー12 14:50 ~ 15:20

座長:真 下泰 (札幌北辰病院)

「どうしたらいいの!透析液濃度の適正管理」
 清水 康 (元町 HD クリニック)

O27 一般演題 27 急性血液浄化 2/ 生体適合性 15:20 ~ 16:20

座長:芝田 正道 (東京女子医科大学東医療センター)
   森本 嘉純 (昭和大学江東豊洲病院)

O27-1 「PS 膜由来と考えられる血小板減少症を CTA 膜使用により改善できた一例」
 多田 晶 (岩手県立久慈病院)
O27-2 「白血球と血小板の変動でみた各種ダイアライザーの生体適合性評価」
 藤原 大地郎 (中津川共立クリニック)
O27-3 「東レ社製ポリスルホン(PS)膜血液透析濾過器 NVF の循環動態に対する臨床評価」
 森本 嘉純 (昭和大学江東豊洲院)
O27-4 「急性エタノール中毒症例に対して緊急透析を施行した一例」
 神戸 幸司 (小牧市民病院)
O27-5 「当院におけるエンドトキシン吸着療法に関する治療成績」
 関口 紗千 (船橋二和病院)
O27-6 「高マグネシウム血症に対し緊急血液浄化療法を施行し救命し得た 1 症例」
 坂本 亮太 (千葉市立海浜病院)

第 5 会場(Terrace Room)

災害シミュレーション企画
「東京が被災したらどうなるか? ~首都直下地震発生時の各機関の情報伝達の流れと課題~」9:00 ~ 12:00

司会:花房 規男(東京都透析医会 災害対策委員長)
   川﨑 路浩(東京都臨床工学技士会)

9:00 ~ 10:00
発災 1 日目 「被害状況の情報収集~組織内外の指揮命令系統の確立、人材確認・確保、全体の情報収集~」
10:00 ~ 11:00
発災2日目 「情報取集の継続、支援、受援体制の確立」
11:00 ~ 11:55
発災3日目 「復旧の見通し・患者の割り振り・移送について」

演者
 鈴木 祐子 (東京都 福祉保健局)
 大木 理恵子 (東京都 福祉保健局)
 笹原 秀夫 (東京都 福祉保健局)
 保永 政幸 (東京都 水道局)
 高橋 良武 (東京電力パワーグリッド株式会社 東京総支社)
 木治屋 雄貴 (東京都電力パワーグリッド株式会社 東京総支社)
 今井 力 (総務省関東総合通信局 防災対策推進室)
 安藤 亮一 (東京都透析医会 会長)
 菊地 勘 (東京都透析医会 幹事)
 酒井 基広 (東京都臨床工学技士会 会長)
 岡本 裕美 (東京都臨床工学技士会 災害対策委員長)
 安部 貴之 (東京都臨床工学技士会 災害対策副委員長)
 山家 敏彦 (日本災害時透析医療協働支援チーム 事務局長)
コメンテータ
 横山 敏幸 ((一)日本血液浄化技術学会 災害対策委員長)

企画:安部 貴之(東京女子医科大学 臨床工学部)、川﨑 路浩(神奈川工科大学 工学部)
行政、水道、電気、東京都透析医会、東京都臨床工学技士会が参加する、首都直下型地震を想定した災害時の
シミュレーションセッションです。被害の規模と患者、情報、モノの流れのシミュレーションを行います。時
間軸を発災時、2 日目、3 日目以降と区切り、各組織の動きとその時点で必要な情報について、現行のマニュ
アルのフローを元に実行し、課題の洗い出しとヒト・モノ・情報の流れを整理しながら都内の被災した患者を
救えるのかを議論する場となります。

VA エコー実践セミナー(PS)
「実際のシャントで体験する VA エコーの指導場面のライブデモンストレーション」13:20 ~ 16:20

司会:小川 智也(埼玉医科大学総合医療センター)
   瀧澤 亜由美(東京女子医科大学)

PS-1 「VA エコーの機能評価~基礎と上達のコツ~ + エコーガイド下 PTA 」 13:20 ~ 13:50
講師:村上 康一(みはま成田クリニック 院長)
PS-2 「VA エコーガイド下穿刺~必要なスキルとコツ~」 13:50 ~ 14:20
講師:人見 泰正(桃仁会病院)
PS-3 「VA エコーハンズオン(当日受付)」 14:30 ~ 16:20
講師
 安部 貴之 (東京女子医科大学)
 加藤 紀子 (東京女子医科大学)
 清水 幹夫(東京女子医科大学)
 菅原 千尋 (さとう腎臓内科ひ尿器科)
 鈴木 雄太 (東京女子医科大学)
 鈴木 万恭子(東京女子医科大学)
 (五十音順)